留学の種類と特徴について

留学とは外国に赴き、そこで勉強をすることを意味します。グローバル化が進んだ今日では、以前に比べ身近なものになってきており、海外に出ていく人も、海外から来る人も年々増加しております。
さて、留学といいましても、その種類は様々です。

数年にわたり大学などの教育機関に在籍し、専門的な教育を受けるもの、語学学校などに入り、言語の習得を目指すもの、現地の企業で働くワーキングホリーデー、そしてボランティア留学などが主だったものとして挙げられます。
ボランティアはその渡航先の状況に大きく左右されるので、明確ではありませんが、上記のうち、外国の教育機関に在籍するものやワーキングホリデーは比較的長期にわたり、語学留学は短期のものが多くなります。

All Aboutに関する情報が閲覧できます。

語学留学などは比較的自由に自身で渡航時期を決まることができますが、その他の場合、応募できる時期や渡航時期が指定されるものが様々です。今回は中でも特に注意をしなければならない大学入学について説明したいと思います。



英語圏の大学では入学試験の一環として語学試験を課すところがほとんどで、アメリカの場合はTOEFL、IELTS、イギリスの場合はIELTSといったように決められた試験を受けなければなりません。

そしてそれらの試験で大学お設けた基準のスコアを取得しない限り、その他の条件を満たしていても入学することはできないのです。

また、渡航時期も大学の新学期の開始時期までに限られてくるため、自分の語学力や残された時間を勘案して綿密な計画をねる必要があるでしょう。

留学の情報を簡単に探すことができます。